News

最新ニュース


2020.03.12
Press Release

365ブンノイチとソーシャルパートナーシップを締結


TOKYO CITY F.C.を運営する株式会社PLAYNEW(東京都渋谷区、CEO 山内 一樹)と 特定非営利活動法人 365ブンノイチ(東京都目黒区、代表理事 田村 容子)は、2020シーズンのソーシャルパートナーシップを締結しました。

TOKYO CITY F.C.は、渋谷生まれのソーシャルフットボールクラブとして、「Football for good “ワクワクし続ける渋谷をフットボールで”」をビジョンに掲げており、東京を中心に、地域と共存するクリエイティブワークを企画・制作する365ブンノイチと掲げるビジョンが一致し、今回のソーシャルパートナーシップ締結に至りました。

TOKYO CITY F.C.と365ブンノイチは、2019年10月に代々木公園にて開催されたSHIBUYA FASHION AWARDに共同で参加し、「SDGs」持続可能な世界を実現するための国際目標についての重要性を、サッカー×アート体験を通じ、感じ取って頂くためのインスタレーションを展示しました。

今回のパートナーシップを皮切りに、渋谷を中心とした共同でのイベントの開催や参加、クリエイティブ制作などを行います。

第一弾として、TOKYO CITY F.C. のマスコット制作プロジェクトを共同にて取り組んでおり、渋谷区の方々とも協力しながら制作を進めております。

今後も、それぞれの強みを生かした取り組みを行い、サステナブルな社会をわかりやすく、楽しく伝える「ソーシャルエンタテインメント」を通じて、ワクワクし続ける渋谷を目指します。


■ 特定非営利活動法人 365ブンノイチ

ストリートアートを社会貢献の『手段』とし、地域と共存する住民密着型の作品を企画・制作するクリエイティブチーム。渋谷宮下公園明治通り200メートルアート、なかめエンノシターズ、アニメや映像制作など、エンタテインメントのアプローチで街の付加価値を高める作品プロデュースを行う。

公式サイト:http://365bunnoichi.tokyo


■ 特定非営利活動法人 365ブンノイチ  プロジェクトリーダー 田村 勇気様コメント

真摯な姿勢でサッカーと地域と向き合うTOKYO CITY F.C.さんとパートナーシップを締結させて頂くことは大変光栄です。

選手とスタッフが一枚岩となって、サステナブルな社会を目指し柔軟に進化し続けるTOKYO CITY F.C.さんは、社会人プロボノとして活動を行う私たちの目指す姿であり、「やわらかアタマで、まちにやさしさとワクワクを」という私たちの活動理念そのものです。

このご縁に感謝しながら、ピースな社会に向けて共に協業していきたいと思います。


■ TOKYO CITY F.C.

渋谷からJリーグを目指す、渋谷生まれのソーシャルフットボールクラブ。

「Football for good "ワクワクし続ける渋谷をフットボールで"」というビジョンに向けて、ソーシャルな価値観(多様性・透明性・オープンなマインド・フラットな関係)をもとに、ソーシャルメディアによって出会ったメンバーを中心に活動を行う。

2014年に設立、2020シーズンは東京都社会人サッカーリーグ2部に所属。

公式サイト:https://tcfc.jp/


■ TOKYO CITY F.C.  CEO 山内一樹コメント

この度、365ブンノイチ様とソーシャルパートナーシップを締結することができ、大変嬉しく思います。

2019年10月に開催された SHIBUYA FASHION AWARD にてご縁を頂き、その活動を含めて、双方のビジョンや価値観を共有する中で、多くの重なる部分を感じ、より一層ともにお取り組みができればと思い、今回のパートナーシップ締結に至りました。

CITYは「Football for good “ワクワクし続ける渋谷をフットボールで”」をビジョンとして掲げており、フットボールを通して渋谷の魅力を最大化していくことに取り組んでいきたいと考えています。

すでに新たな取り組みを始めておりますが、これから365ブンノイチ様とともに、「ソーシャルエンタテインメント」を通じて、ワクワクし続ける渋谷を目指します。


■ 本件に関するお問い合わせ

TOKYO CITY F.C./株式会社PLAYNEW

担当:酒井

Mail:info@tcfc.jp