News

最新ニュース


2019.07.23
Press Release

東京発グローバルエージェンシーmonopoの岡田 隼氏、TOKYO CITY F.C.のクリエイティブディレクターに就任


渋谷からJリーグを目指す「渋谷生まれのソーシャルフットボールクラブ」TOKYO CITY F.C.は、東京を拠点に、グローバルにクリエイティブサービスを展開するmonopoのCOOである、岡田 隼氏が当チームのクリエイティブディレクターに就任しましたので、お知らせいたします。

岡田 隼氏は、クリエイティブエージェンシーmonopoを経営しながら、クリエーターとしても国内外の広告賞・デジタルクリエイティブ賞・デザイン賞の受賞歴があり、経営xクリエイティブ両方をブリッジさせる戦略立案・プロダクション技術に長けています。本就任を皮切りに、チームのブランディング、地域やファンとのコミュニケーション活動を活性化していきます。

併せて、TOKYO CITY F.C.ではクリエイティブの力でファンやコミュニティ作りを加速するべく、デザイナーインターンを募集いたします。将来的にスポーツ×クリエイティブの分野で活躍したい方は、下記より奮ってご応募ください。

クリエイティブの力でファン作り!デザイナーインターンを募集

岡田 隼

株式会社monopo共同創業者/COO。
ミュージシャンおよびフリーランスでのウェブマーケティング活動を経て、2011年大学在学中に佐々木芳幸とmonopoを創業。以降、プロデューサー/ クリエイティブディレクター / プランナー / エンジニアとして、国内外の広告・ブランディング案件を手がける。

・2015年ヤングライオンズサイバー部門デジタル、ヤングスパイクス日本代表
・2017年グッドデザイン賞
・その他受賞実績多数。

monopoとは

東京を拠点にグローバルなコミュニティベースのクリエイティブエージェンシーとして、様々な国内外のブランドにサービスを展開している、独立系のクリエイティブエージェンシー。“A BRAND OF COLLECTIVE CREATIVITY”をビジョンに掲げ、ブランディング・広告・PRを中心に様々な領域において、それぞれが持つアイデアや創造性をともに発揮できるようなコミュニティ作りを目指している。

2019年、ロンドンに子会社「monopo london.Ltd」を設立。
自社プロジェクト「poweredby.tokyo」では、東京の知られざる魅力を世界に発信中。

TOKYO CITY F.C.とは
渋谷からJリーグを目指す、渋谷生まれのソーシャルフットボールクラブ。
ソーシャルメディアによって出会ったメンバーを中心に、ソーシャルな価値観(多様性・透明性・オープンなマインド・フラットな関係)をもとに、ソーシャルグッドなビジョン「Football for good “ワクワクし続ける渋谷をフットボールで“」に向かって突き進んでいます。
2014年に設立、2019シーズンは東京都社会人サッカーリーグ2部に所属。


本件に関するお問い合わせ

TOKYO CITY F.C./株式会社PLAYNEW

担当:酒井

Mail:info@tcfc.jp