MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
東京都社会人サッカーリーグ3部カップ戦
2016年7月17日(日)08:30 @江戸川第三運動公園
TOKYO CITY F.C. 1
0 第一建設サッカースポーツクラブ
0 前半 0
1 後半 0
五十嵐 大(内海 光)/69分 得点
選手/時間
伊藤 直樹 → 五十嵐 大/47分 交代
選手/時間
先発選手
Pos. No. Name Name No. Pos. 0
GK 1 福森 開
FW 15 及川 傑
DF 40 山田 延孝
Assistant Coach 鈴木 理啓
Producer 江口 淳
MF 13 中野 太夢
MF 92 河野 邦彦
MF 36 伊藤 直樹
MF 17 加藤 琢也
MF 7 小泉 翔
FW 9 内海 光
控え選手
Pos. No. Name Name No. Pos.
GK 32 舩木 渉
FW 12 上野 晃彦
MF 19 田渕 裕己
DF 28 清河 衆
MF 18 五十嵐 大

■試合情報
天候:小雨

気温:25℃

湿度:95%

芝:天然芝、土露出あり

入場者数:4人



■マッチレポート

「負けたら終わり」のリーグカップ戦1回戦、小雨が降る河川敷でCITYは別のブロックで首位を走る第一建設サッカースポーツクラブと対戦した。


何としてもこのタイトルが欲しいCITYであったが、立ちあがりはやや硬さが見られ、中々ペースを掴めない。8:30キックオフということもあり、全体的に身体の重さ、判断の遅さが感じられる。簡単なロングボールで相手FWに裏に抜け出され、ギリギリのところでファウルで止めるなど危ないシーンも見受けられた。


マイボール時に落ち着いてパスを回せるようになると、CITYは徐々にペースを掴み始める。前半9分には、右サイドでの細かいパスワークから左サイドでフリーの #9小泉 へ展開。しかし小泉のシュートは僅かに枠を超えた。


その後、前半は一進一退の攻防を続ける。両チームともバイタルエリア付近までは迫るものの、なかなか最後の部分が崩せず0-0で前半を折り返した。


後半に入ると、両チームともやや足が止まってくる。特に芝生の濡れたピッチでのプレーには、徐々に体力が奪われていった。後半12分、CITYはこの試合最初で最後の交代カードを切る。右サイドハーフの #36伊藤 に代わって俊足の #88五十嵐 を投入、足が止まりはじめたゲームの中で、この交代の効果は絶大だった。


五十嵐は交代直後のプレーで右サイドのドリブル突破からチャンスを演出すると、早い展開から裏に抜け出して何度もチャンスを迎える。その中で中央や逆サイドにもスペースが生まれ始め、久しぶりの先発出場 #17加藤 にも決定的なチャンスが訪れる。しかし、どうしてもあと一歩のところでGKに阻まれてしまう。


しかし、このままPK戦に突入するかと思われた後半34分、劇的な幕切れが待っていた。後ろからのロングボールを #29内海 が頭で逸らすと、このボールに抜け出した五十嵐がGKと1vs1のチャンスを迎える。三度目の正直と言わんばかりに落ち着いて流し込み、CITYが土壇場で先制した。


その後、相手の反撃をなんとか凌ぎきりタイムアップ。カップ戦タイトルに向けて、苦しい1回戦を突破した。


■試合後コメント

・三浦監督

「今日も苦しい展開だったが、勝ちきる事ができたのはチームとして力をつけてきた証拠。
タイトル獲得に向け引き続きチーム一丸となって取り組んでいきたい。」


・#88 五十嵐 大

「その前に2本外してたので、『絶対に決めてやる!』その一心でシュートしたら入ってよかったです!ミスター決勝点と呼んでください!」


・#40 山田 延孝

「負けたら終わり。と、全員が強い想いを持って戦った結果、なんとか競り勝つことができて良かった。今日がスタート。今シーズンで抜けてしまう選手もいるが、全員で、このメンバーで、タイトルを獲って、一緒に笑いたい。」


■次の試合情報

【大会名】

渋谷区リーグ3部

【試合日時】

7月18日(月・祝)15:10

【試合会場】

二子玉川緑地運動場

【対戦相手】

ARMADA

【入場料】

無料