MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
東京都社会人サッカーリーグ3部
2016年4月10日(日)12:10 @江戸川グラウンド篠崎サッカー場
TOKYO CITY F.C. 1
1 Mur Pellemen
1 前半 0
0 後半 1
小泉 翔(PK)/24分 得点
選手/時間
PK/70分
村本→山内/50分

内海→三村/60分

畑間→田口/65分

倉嶋→及川/70分
交代
選手/時間
スタッツ
16 シュート数 7
4 CK 3
3 オフサイド 3
先発選手
Pos. No. Name Name No. Pos. 0
GK 23 江徳 智揚
DF 3 助川 智洋
DF 4 倉嶋 歩
DF 4 鹿沼 紀斗
Content Producer 江口 淳
MF 92 河野 邦彦
MF 63 畑間 直英
MF 36 伊藤 直樹
MF 22 村本 雄利
MF 7 小泉 翔
FW 9 内海 光
控え選手
Pos. No. Name Name No. Pos.
MF 7 三村 湧
MF 10 田口 文也
FW 11 山内 一樹
FW 15 及川 傑
MF 19 田渕 裕己
FW 25 酒井 翼
DF 40 山田 延孝

◆試合詳細

天候:晴れ

気温:22℃

湿度:60%

芝:土、乾燥

入場者数:4人


◆マッチレポート

先週の開幕戦に敗れ、何としても今季初勝利が欲しいCITY。今節のMur Pellemen戦は前節からスタメンを5人入れ替えて臨んだ。

CITYは先週の反省を生かし、序盤からピッチを広く使った攻撃を展開して相手を押し込む。土のグラウンドの影響により思うようにパスを回せない場面も見られたが、サイドだけでなく中央からも攻撃を組み立てることが出来ていた。そして先制点が欲しくなってきた前半24分、浅い位置でボールを受けた #9小泉 翔がドリブル突破で3人を交わし、ペナルティエリア内で倒される。このPKを小泉自らが決め、新キャプテンとして今シーズンの初ゴールをチームにもたらした。この流れで2点目を奪いたいCITYであったがこの後のチャンスは決めることが出来ず、1-0で前半を折り返す。

後半、やや相手のロングボールの対応や執拗なマークに苦慮する場面も見られたが、引き続き主導権を握りながら試合を展開する。しかし、 #22村本 に代えて昨季得点王の #11山内 、 #29内海 に代えて #7三村 を投入するなど2点目の奪取を目指しながらもどうしても2点目が遠い。そして1-0で迎えた終了間際の70分、最も恐れていたことが起こる。ロングボールをペナルティエリア内に送られると、ゴール前の混戦で #4倉嶋 がホールディングのファウルを取られPKを与えてしまう。判定にCITYは猛抗議するがもちろん覆らず、このPKを確実に決められ土壇場で追い付かれる。ラストワンプレーでは #36伊藤 がゴールライン際までセンタリングを上げるなど勝ち越しのチャンスはあったものの詰めきれず、1-1で試合は終了。何としても勝ちたい一戦であったが、最後の最後で厳しい現実を突きつけられた。


◆試合後コメント

・三浦行広監督

勝てる試合だったのに、勝てなくて悔しいです。ただ、やっぱり決めるべきところで決めないと、このように終了間際に一瞬の隙からPKを取られて引き分けに終わるという展開になってしまう。複雑な想いとかはあることはあるけど、そうなる前に取るべきところで取っていればそういうことはないので、今度の試合はそういうことがないように決めるべきところを決めていけたらと思います。

・小泉翔キャプテン

悔しいです。良い流れで今季初得点、1点目を取れたけど、やっぱり2点目を畳み掛けようという意識が低かったのが後半に響いたと思います。個人的には、最後のフィニッシュのところまで1人で試合決めれるようにならないと、こういうしんどい試合で厳しくなるなと。次の試合では、良いセンタリングを上げるだけでなく、フィニッシャーになります。