News

最新ニュース


2017.12.31
Topics

年末のご挨拶

サッカーを、スポーツを愛する皆さま、またいつもCITYへ多大なるご支援・ご声援を頂いている皆さま


一年間ありがとうございました。


2017年シーズンのCITYは、課題と収穫が入り混じる一年でありました。

競技面では昨年の4位を上回る2位でリーグ戦をフィニッシュしたものの、2年連続で昇格を逃すという悔しい結果となりました。あと一歩届きませんでしたが、その一歩が大きなものでした。


ピッチの外では、新エンブレム・新クラブカラーの発表に始まり、エンブレムから派生した「CITYチェック」を用いた独自ブランド展開、「 #スポミ 」と銘打ったスポーツビジネスイベントの実施、そして「 #Color IT Yourself」という独自のスタジアムアクティビティを川崎フロンターレ様などとともに開催致しました。


“PLAY new FOOTBALL , PLAY new TOKYO"というビジョンを掲げるCITYにとって、これらピッチ外での積極的な取り組みを行えたことは大きな収穫でしたが、昨年に続き昇格を逃したことは痛恨の極みでした。勝つことが全てではありませんが、勝ってこそ説得力・影響力を持てることをこの2年間で痛感しました。


来たる2018シーズンに向け、動き出しは既に始まっています。

深澤GM兼監督を招聘し、約60名からの申し込みがあったトライアウトを昨年11月に実施。大きな期待が持てる新戦力が集い、既存選手も新たな指導を受け着実にレベルアップしています。その成果が東京カップでの躍進として表れ始めました。


東京カップの次戦は年明けの、アストラ倶楽部戦ですが、年末年始で良い準備をして、心身ともにベストな状態でチャレンジしていければと思います。


ピッチ内外ともに昨年以上の結果を残し、今年こそは笑顔でシーズンを終えられるようクラブ一丸となって尽力致します。


皆様方におかれましても、2018シーズンも引き続きご理解ご支援賜れますと幸いです。


2018年を、ともに素晴らしい1年にしましょう。

来年もよろしくお願いいたします。


TOKYO CITY F.C.

代表

山内 一樹