News

最新ニュース


2017.09.12
About Game

【9/18】望みを繋ぐ最終戦【都リーグ】


泣いても笑っても。


4月に開幕して以降、7月まで毎週のようにリーグ戦をこなして来たCITYは、10試合を戦って8勝1分1敗という成績を納め首位に立っている。

しかし、率直に言って今シーズンのこのリーグで優勝を果たし、2部昇格を果たす可能性はかなり低い。

現状、8試合を戦い7勝1分と無敗をキープしている慶應BRBがCITYとの直接対決を制しており、残りの3試合は下位3チームとの戦いであるためだ。


しかし、サッカーは何があるか分からない。可能性がゼロになったわけではない。そうである以上、何があってもこの試合は勝ちに行く。

しかも、相手は同じく10試合で8勝1分1敗のGAKUDANREN。もし今シーズン優勝できなかったとしても、来年も優勝を目指す以上は必ず勝たなければいけない相手だ。


注目は、#10中村 勇貴。去年までGAKUDANRENに在籍していたが、前監督の三浦氏やチームメイトが熱心に勧誘し、悩みながらもCITYに加入した。

すると皮肉なことに、そのGAKUDANRENと同じブロックとなり、この最終戦で相見えることになった。


加入以来、その存在感を示して来た #10中村 は間違いなくこのチームの中心だ。どこまでも泥臭く、誰よりも執着心を持ってファイトする背番号10の存在は、チームメイトに大きな安心感と勇気を与えてくれる。


泣いても笑っても、今シーズンのリーグ戦はこれがラスト。

よき思い出の少ない常総で、今回こそ最高の笑顔を。


■東京都社会人サッカーリーグ3部 最終戦

TOKYO CITY F.C. vs GAKUDANREN

日時:2017年9月18日(月・祝)12:10

会場:常総アイデンティみらい平グラウンド

入場:無料