MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
東京都社会人サッカーリーグ3部
2018年4月1日(日)14:30 @ATSU FOOTBALL FIELD
TOKYO CITY F.C. 1
0 F.C. Dies Mil
1 前半 0
0 後半 0
#11 市川 俊治朗/24分 得点
選手/時間
#63 畑間 → #17 冨㟢/48分

#71 川村 → #7 小泉/55分

#24 溝辺 → #28今井/59分
交代
選手/時間
先発選手
Pos. No. Name Name No. Pos. 0
GK 1 峯 達也
DF 3 助川 智洋
DF 6 新潟谷 隼人
DF 20 橋本 健秀
MF 71 川村 高広
MF 24 溝辺 基
MF 63 畑間 直英
MF 56 塩谷 彦人
MF 8 鈴木 峻太
MF 18 前田 大地
FW 11 市川 俊治朗
控え選手
Pos. No. Name Name No. Pos.
MF 7 小泉 翔
MF 10 中村 勇貴
FW 17 冨嵜 翔太
MF 28 今井 陽介
MF 36 伊藤 直樹
MF 41 三宅 亮輔
MF 77 金澤 亮

■ハイライト


■マッチレビュー

いよいよ始まった2018シーズンの東京都社会人サッカーリーグ3部。

昨シーズンの主力メンバーに加えて6選手を補強したCITYは、開幕戦で4部から昇格してきたF.C. Diez Millと対戦した。

風速5mと強風の中始まったこの試合。風下に立つCITYは、立ち上がりから押し込まれる展開が続く。10分には連続で許したヘディングシュートを東京No.1GK #1峯 がなんとか掻き出した。

耐える時間帯を乗り越えたCITYは、その後徐々にボールポゼッションを高めていく。迎えた24分、多少ラッキーな形で先制に成功する。


FKの流れからペナルティエリア内で混戦になると、ホールディングでCITYの選手が倒されPKを獲得。これを昨シーズンのMVP #11市川 が落ち着いて流し込んだ。

後半、風上に立ったCITYは、足が止まり始めたDiez Millを相手により高い位置でのポゼッションを狙っていく。43分には、僅かに枠を逸れるも #11市川 が際どいシュートを放った。


しかしながら、球際の弱さや細かいパスミスが見られ、追加点を奪えないまま試合終盤へ。

結果的には、集中したディフェンスで大きなピンチも無く耐え切ったが、不完全燃焼感が残ったまま開幕戦を勝利で飾った。

2週連続となるリーグ戦、来週は同じく4部から昇格してきた帝京大学FCと対戦するCITY。勝利したことだけをポジティブに受け止め、チーム全体で切り替えて序盤の山場を乗り越えていきたい。


■深澤監督コメント

試合後の選手全員の不満足な表情が今日の試合を表していたと思います。


ただ、決してネガティブに捉える必要ははく、うまくいかない時でも勝点3を取り切ることができたのは収穫でした。


開幕戦の緊張感や、直前に怪我人が出たこと、慣れないピッチなど、難しい状況のなかで、特にGKとCB陣を中心にしたディフェンスの集中がチームを助けてくれました。


11試合のリーグ戦のなかでは、良い時も悪い時もありますし、様々なアクシデントもあると思います。


今日の試合でも課題が多く出ましたが、まだまだ伸びしろがある証拠です。リーグ戦を勝ち切る総合力を高め、ここから右肩上がりに成長していきたいと思います。


■次の試合情報

東京都社会人サッカーリーグ3部 第2戦

TOKYO CITY F.C. vs 帝京大学FC

日時:4月8日(日)15:10

会場:大神公園