MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
東京都社会人サッカーリーグ3部
2016年6月26日(日)14:10 @吉野サンビレッジ
TOKYO CITY F.C. 9
1 トレフォイルF.C.
3 前半 0
6 後半 1
小泉 翔(河野 邦彦)/6分

内海 光(畑間 直英)/7分

鹿沼 紀斗(畑間 直英)/28分

中野 太夢/41分

加藤 琢也(内海 光)/50分

三村 湧(加藤 琢也)/63分

及川 傑(小泉 翔)/65分

及川 傑/70分

三村 湧/70分
得点
選手/時間
49分
畑間 → 加藤/43分

五十嵐 → 三村/54分

中野 → 村本/58分

内海 → 清河/62分

山田 → 倉嶋/65分
交代
選手/時間
先発選手
Pos. No. Name Name No. Pos. 0
GK 1 福森 開
FW 15 及川 傑
DF 40 山田 延孝
DF 4 鹿沼 紀斗
DF 6 江口 淳
MF 13 中野 太夢
MF 92 河野 邦彦
MF 18 五十嵐 大
MF 63 畑間 直英
MF 7 小泉 翔
FW 9 内海 光
控え選手
Pos. No. Name Name No. Pos.
GK 23 江徳 智揚
DF 4 倉嶋 歩
MF 7 三村 湧
MF 17 加藤 琢也
MF 22 村本 雄利
DF 28 清河 衆
MF 36 伊藤 直樹

■試合情報
天候:晴れ

気温:30℃

湿度:64%

芝:人工芝

入場者数:4人



■マッチレポート

前節の東京U23戦が引き分けに終わり、今シーズンでの2部昇格への可能性がほぼ消滅したCITY。来シーズン以降への弾みとするために、リーグ戦3位以内のフィニッシュを新たな目標にしてトレフォイルF.C.戦に臨んだ。


試合は立ち上がりからCITYペース。6分、センターサークル付近でボールを拾った #92河野 が思い切ってミドルシュートを放つと、この試合が復帰後初スタメンとなった #9小泉 が触ってボールの軌道を変える。これに相手GKは反応することができず、CITYはあっという間に先制点をマークした。一気に畳み掛けるCITYはその僅か1分後、中盤のコンビネーションから #29内海 が抜け出すと落ち着いてシュートを流し込み、早くも2点のリードを奪った。真夏の日差しが身体に重くのしかかる中、両チームは激しいプレーに体力を消耗。2点を奪ってからはやや省エネモードに切り替えた。そして迎えた28分、CITYは3点目をマークする。右サイドでCKを獲得すると、 #63畑間 が絶妙なクロスボールをファーサイドに供給。これに #70鹿沼 が頭で合わせ、自身都リーグ3試合連続ゴールを記録した。


3-0で前半を折り返すと、CITYは後半も余裕を持って試合を進める。41分、PKを獲得すると #84中野 が落ち着いて流し込み今シーズン初ゴール。49分には1点を返されてしまうが、直後に途中出場の #17加藤 がゴールを奪い5-1とする。その後は交代枠をうまく使いながら終始試合を支配。FWにポジションを移した #15及川 が2得点を奪うと、途中出場の #7三村 も2得点を記録した。交代出場した選手も多くのインパクトを残し、終わってみれば9-1の快勝。「3位以内」という新たな目標に向けて、これ以上ない"リスタート"となった。


■ハイライト動画



■試合後コメント

・三浦監督

「2部昇格が絶望となる中、モチベーションを保つのは容易ではないのにもかかわらず、好パフォーマンスを継続した選手達を讃えたい。
課題だったディフェンスラインからの組み立ても十分機能し、内容でも得点でも圧倒できてとても満足している。
また、交代で入った選手がしっかり結果を残せたのも、チームの底上げに繋がる好材料となった」


・#7三村 湧

「立場上結果を残すしかないので、とにかく前に前に行く姿勢がが2点という結果を生んだのだと思います。しかし、最後の方に体力が切れてしまったのは課題かなと思うので、もっと動きます」


・#15及川 傑

「(ボールを)もらったら打とうと思ってました。どちらも狙い通りに決めることができました。次からもどこのポジションで出てもゴールを狙っていきます」