Blog

ブログ更新情報


『ひかるってどこにいてもいつも楽しそうだよね』って言われる事がある。けど、そんな僕よりも何倍も、何十倍も楽しそうな雰囲気出してる先輩がいた。仙台からのフットサル(お酒)仲間、チームの精神的支柱( #10田口 文也 )だ。そんな憧れの人から誘われたTOKYO CITY F.C.。夏合宿の動画で完全に心奪われていた僕だけど、フットサルとの併用に頭を悩ませる。けど、兄貴的存在からの鬼プレを受け、半信半疑で加入したCITYには...
続きを読む≫

WRITER:内海光
2016年6月11日


「サッカー選手になって日本代表として活躍したい」そんな夢を抱いたこともあった。けど、呆気なく打ち砕かれた中学時代。「サッカーってこんな楽しいんだ」サッカーの奥深さを思い知った。けど、夢が何なのかわからなかった高校時代。「自分の生まれ育った東京で、世界一かっこいいサッカークラブを創りたい」紆余曲折を経て、今はそんな夢を抱いている。***********こんにちは。(はじめまして。)選手兼デジタル...
続きを読む≫

WRITER:酒井翼
2016年6月7日


僕が「都リーグに参戦しているチームでサッカーをしている」と言うとちょっとした驚きと微妙な反応が返ってくることは正直少なくない。 30歳。メガネ。外出はおろか、自部署の部屋からも出ないこともあるような職場。 周囲から見ればサッカーをやっている要素がおよそ見当たらないから無理もない。でも、 僕はまだボールを蹴っているし、CITYで蹴り続けたい。*********** はじめましての方は...
続きを読む≫

2016年6月4日


1年ちょっと前、直樹から急に「サイパン代表と試合しない?」というお誘いを受けた。 お金と時間に余裕のあった僕は、「行くわ!」と即答。 そしてサイパンの地でたくさんの得がたい経験をした。 これが僕とcityとの出会い。 *********** どうもこんにちは。滑舌悪いニヤニヤフェイスの及川傑です。天才である衆君に指名していただき光栄です。 今回はみなさん非常に興味を持っている...
続きを読む≫

WRITER:及川傑
2016年6月2日


「自分にとってサッカーとは?」答えるなら「ニコチン」が1番しっくり来る。日々の生活の中に無いとイライラする。足にボールが乗る感覚を味わわないと落ち着かない。1度始めてしまったのでもう止めることはできない。僕にとってサッカーとはニコチンなのだ。大学に入り、僕はニコチン摂取の場をCITYにすることに決めた。----------------------------------田渕さん( #19田渕 )から指名を受けました単独最年少20歳の清河です...
続きを読む≫

WRITER:清河衆
2016年5月28日