Blog

ブログ更新情報


2017

熱そうなやつはだいたい友達【#71川村】



初めまして!
今シーズンよりCITYに加入しました、川村高広です。
かわむ、と呼ばれてます。

CITYでのポジションは右利きの左サイド。
ダイレクトでポンポンいくのが大好き。
好きな選手は、少し古いですがデ・ラ・ぺーニャ。(知ってる人、親近感!)

あとNBAのジノビリとニック・ヤング。
ジノビリの変態パスはYouTubeで、ニック・ヤングの違いを生み出せるテクニックはレイカーズの本拠地、ステイプルズセンターで観戦して虜に。
自分もあんな華麗なプレーをしてみたい。


前置きが長くなりましたが、僕のCITY加入のきっかけは、昨シーズンまで所属していた、アフリカを愛するエアバトラーの紹介で、このイカした仲間達に出会いました。
16年10月まで新潟で勤務してまして、転勤で今は埼玉に住んでます。サンタ未遂のエアバトラーも同じタイミングに同じ課に異動になり、CITYの練習会に参加させてもらったのが最初でした。


思う存分、サッカーを楽しみたいと思います。


簡単に自己紹介。

1991年4月15日、
栃木のちっさい町で産まれました。
今年で26歳。

川村高広
小2で名前の漢字をマスター。

名前の第二候補は「こうへい」だったとのこと。

よくある幼い頃は太ってたエピソード。
ばあちゃんのつくるから揚げと海老フライと春巻が大好きで、小学生の時は首がありませんでした。


日本は本当に豊かな国です。



サッカー歴

幼稚園:JFCウィング
小学校:古山SSS
中学校:FCファイターズ
高校:真岡高校サッカー部
大学:明治大学体同連サッカー部

父はバレー、母は卓球、姉はバスケというスポーツ一家で、1人だけ足を使う競技を選ぶ。

4歳からサッカーやってますが、サッカーがうまくなるのは、時間の問題じゃないみたいですね。

中学生の頃は、クラブでサッカー、学校で陸上部の運動大好き小僧。
小学生の頃はみんなが痩せすぎだと思ってましたが、そうじゃないと気づいた思春期でした。

高校は男子校。
朝から晩までサッカー部のやつと一緒。
今でも盆や正月はだいたい毎回いつも同じメンバーと再会してます。

公立高校ですが、最近人工芝に。
羨ましい。


大学はやっぱ色んな人がいて、
サッカーも学生生活も刺激的でした。
同好会でサッカーしてましたが、
サッカーマガジン杯という大会でいちおう日本一。



CITYでも刺激的なサッカーライフを楽しんでいきたいです。

サッカー以外の話をすると、DragonAshが
大好きです。フェス、LIVEなど、年に一度は。
Hi-STANDARD、RIZE、TheBONEZ、10-FEETなども。

最近は韻シストというfrom大阪のヒップホップバンドも。イカしてます。ぜひ、一聴。
トラブルもラブもいつもそばにある。

あと、小学校から鹿島ファン。
初めて観に行ったのが2001年鹿島vsジュビロのチャンピオンシップ。
小笠原がFK決めて優勝、一発でファンになりました。


去年のチャンピオンシップも埼スタで。
観に行って良かった!


仕事

スポーツメーカーのミズノに勤めています。
名前くらいはご存知ですかね。
小学・中学・高校と、サッカー部・クラブのユニホームがミズノだった縁もあり、営業という立場で、今でもサッカーに携わる仕事をさせてもらえています。


毎年9月末に御殿場で、メーカーカップというスポーツメーカー対抗戦があります。
やっぱりサッカーうまい人ばっかです。
奥さん、子供を連れてくる先輩方に早く追いつきたい。


「スポーツを通して感謝の大切さを。」

サッカーを通して学んだ一番大きなことです。

振り返ると、ずっとやってきたサッカーでも、中学のときの陸上でも、同じ部員や監督、先生、何より家族、本当にたくさんの支えの中でやってこれたなーと。そのおかげで今があると本当に思うので、これからスポーツを志す部活生や子供たち、もちろん大人にも、サッカーに限らずスポーツを通して、このマインドを伝えられたら最高ですね。


CITYを魅力あるクラブに

加入して間もないですが、そう考えています。
選手、クラブ内部の人にとってだけではなく、他のチームとか、応援してくれる人とか、これ読んでくれてる人にも、CITYって良いよね、って言ってもらえるようにできたら良いなと思います。

サッカーで言うと、2部昇格が至上命題なので、頑張ります。
都リーグでシーズンを経験するのは初めてなのでどこが強いとかよくわからないですが、全部勝って昇格します。



以上、一丁あがり。


>> #71川村の詳しいプロフィールはこちら


>> #71川村をCITYに誘った山田のブログはこちら

アフリカを愛するエアバトラー

スポーツの力で、貧困国の国創りを。


コメント
名前

内容