Blog

ブログ更新情報


2016

スポーツの力で、貧困国の国創りを。【#40山田】

どうも、2回目の登場です、cityのノブと言えば、そう、僕です。

最近試合後、よくジムで筋肉をほぐします。そう、まるでマーティン・ルーサー・キングほぐしです。僕もcityのキングさんのようになりたいです。

 そういえば、先日ブラジルから帰国しましたので、今日はその話を。

RIO2016へ行ってきました!日本のスポーツメーカーMIZUNO JAPANのプロジェクトメンバーとして、です。今日は私が【ブラジルでなにをしたか】【ブラジルでなにを感じたか】について書かせていただきます。



 まず、【なにをしたか】について。
*契約選手、連盟、五輪関係者へのホスピタリティ業務
 
ザックリと。MIZUNO HOUSEという施設を五輪メイン会場の目の前に用意し、そこに来場いただいた弊社契約選手やそのご家族、競技連盟関係者の方々をクリステルさせていただきました(すみません、おもてなしです)。テレビでしか見たことないあんな人やこんな人、外国人選手も多数来場するなど、ミーハー気分丸出しで毎日興奮していました。

連日現地では、君の名は!感と、グローバリゼーションの波とは!感たっぷりでした。


*各競技視察
 2つピックアップします。

サッカー男子ブラジル代表の試合を視察しました。ネイマールって神様なんですね。「神」って字に「ネ」って入ってるのって、やっぱりネイマールさんのこと思ってなんだな、と。

陸上男子4×100Mリレー決勝を視察しました。飯塚翔太が会社の同期なので、応援も兼ねて。日本、銀メダル。これ、鳥肌とかのレベルではなかったです。日本が2位に入った後の会場のあの雰囲気、ほんとうにすごかった。周りにいたゴリゴリの外国人からめちゃめちゃにハグされました。昔からゲイには結構モテます(湘南でゲイにモテた話と、4年前にフィリピンで出会ったニューハーフから今でもラブコールが来る話はまた次回)。


*外務省・在ブラジル大使館との協働プロジェクト実施
 
ここ、いっちばん話したいところです。
 『ブラジル・ファベーラの子どもたちへサッカーシューズ寄贈』というプロジェクトを実施しました。約半年かけた大きなプロジェクトです。これ、日本・ブラジル両国のTV・新聞・WEB含め、結構いろんなところで取り上げられました。

外務省・スポーツ庁・在ブラジル大使館などに協力いただきながら、ブラジルの貧しい子どもたちへMIZUNOのサッカーシューズを届けるというのがざっくりとした概要。


 個人的な話ですが、『スポーツの力で貧困国の国創りを。』という想い・情熱を持って僕は生きています。今もです。学生時代から現在まで暇があれば世界を旅して、現地の人とサッカーをしてその日はその彼の家に泊めさせてもらう。そんなことを繰り返している内に、サッカー、ひいてはスポーツの魅力にさらに取り憑かれていったんです。

サッカーって言葉が通じなくても一緒に楽しめるってよく言いますが、これ、まさにで。 Football = Language って表現が非常に的確だなあと思うくらいに、アフリカを旅している時に強く感じました。そしてこれもよく言いますが、サッカーって、どんなに貧しくってもできるんです。環境に左右されないんです。でも、そんな中でも外的要因かなんかでやっぱり世界中でうずうずしてる子どもたちは多くいて。そんな彼ら彼女らにちょびっとだけでもいい環境を提供したい。そんなことを考えていたら、気付いたらひとりで動き出していました。

アフリカやアジアの貧困地域の子どもたちのためにサッカー用品を日本中から集めて提供したことから始まり、ストリートチルドレン向けのサッカー教室プログラム作りに参画し、遠くにいながらも児童育成に寄与したりと、過去にいろいろしてきたなあと今感じます。
 今度のは言うならそれの大規模版。日本の大きい企業や組織の力を盛大に借りての挑戦、初めての南米大陸。今回のプロジェクトで、本当に多くの子どもたちの笑顔に出会えました。これで終わるのではなく、むしろここから。スポーツの可能性を信じて、もっともっと取り組んでいければなあ、というところです。ちょっと色々大人の事情で詳しくプロジェクトの内容言えないですが、こんな感じで。わりと、真面目な方です。下ネタは大の苦手です。




 次に【なにを感じたか】について。どどっといきます。
 ・ブラジルの肉はやっぱり旨かった。シュラスコは神、まるで修羅。
 ・ブラジル人女性のおしりはやっぱり大きかった。おしりは神、何度もiPhoneのsiriに「しり!」と言って遊んでました。『ブラジル人のおしり』ってブログをシリーズ化したい。しりだけに。
 ・ブラジル人って意外に鼻が大きい。できれば実写化したい。タイトルは、〜君の鼻。〜
 ・本場ブラジルサポーターのサッカーへの熱って、ほんとうに凄い。試合そっちのけでおしり見てました。
 ・日本のリレー銀メダルを目の前で観戦。鳥肌。コンドル肌って言い方もします。日本人で良かった。よくケンブリッジ選手に似てると言われますが、純日本人です。ありがとうございます。
 ・オリンピックに関わるまであんまり分からなかったけど、MIZUNOって結構すごいかも?自社愛なの?


 こんな感じで。
 〆はサクッとしてた方がいいですよね。
 ただ、最後にもういっちょこれだけ。

『スポーツの力で、貧困国の国創りを。』
 

 くどいようですけど、これ、やります。 次はより、ビジネスサイドで。


 RIO2016 → TOKYO2020
 みんなでTOKYOに世界を迎えましょう


コメント
名前

内容