Blog

ブログ更新情報


2016

ITベンチャー2年目の若手が語る社会人サッカーの魅力とは?【#7三村】

どうも。#4倉嶋からブログリレーのバトンを受け取ったインスタグラマー「みむみむ」です。

インスタグラマーっていってもフォロワー数200程度で、

毎回の投稿へのいいね数は30前後といたって普通のインスタユーザーです。

ただ彼女が大好き過ぎて、

ついついインスタに上げてリア充を自慢しております。照

普通にチームのみんなから引かれていますが、

リア充アピールは引き続き続けちゃうよ^^


自分は、3年前にこのチームが発足された時の初期メンバーで、

最初からいたメンバーとはもう3年目の仲になります。

サッカーから繋がった仲間って悪い奴は一人もいなくて、

熱くて、負けず嫌いで、爆発的に飲んで、休日はBBQで、

女の子大好きで(一部の野獣共)、優しい奴ばっかりです。


▶︎夏はしょっちゅうBBQ


自分が3年間一緒にボールを蹴り続けているのも、

こんな最高の仲間がいるからだと思ってます!


チームには学生も何人かいますが(ほとんど早稲田のエリートだけどイケてない)、

メンバーの8割が社会人で、

みんな仕事とサッカーを両立しながら頑張っているので、

僕のブログではサッカーに「仕事」という観点も混ぜて書きます。

やっぱり何かに一生懸命に取り組んでる奴らってマジでカッコイイ。


※結構長いので、読むのに4分ぐらいかかります。


Topic

1.自己紹介

2.Cityとの出会い

3.仕事&サッカー


1.自己紹介

まずはとりあえずお前誰だよって思う人もいると思うので、自己紹介。

名前:三村湧(Waku Mimura)

生年月日:1992年8月11日生まれ 23歳

※今年の誕生日は、チームのメンバーが代表を務める会社主催の旅祭というフェスの開催日!みなさん来てくださいね。


家族:お母さん、お姉ちゃん、お兄ちゃんの4人家族。

お父さんは自分が5歳の時に病気で他界しているので、お母さんがずっと3人を育ててくれていました。


▶︎お姉ちゃんの結婚式の写真(3年前ぐらいかな)


仕事:大手インターネット広告代理店。毎日楽しいです!


サッカー経歴:

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽

小学校:関前サッカー少年団(8歳からサッカー始める。)

中学校:武蔵野第中学校(東京選抜)

高校:東京都立三鷹高校(下手で、公式戦には出れませんでした。)

大学:大学2年からTOKYO CITY F.C.加入

社会人:TOKYO CITY F.C.

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽

サッカーを始めたキッカケはお兄ちゃんが入ってたサッカーチームに誘われたからです。どこにでもあるような理由ですが、すっかり魅了されて15年間ボールを蹴り続けています。

まだチームでは下手な方です。大学サッカー経験者とかも入ってきてポジション争い真っ只中!


2.TOKYO CITY F.C.との出会い


ちゃんと書くと長くなるので、簡単に。

大学時代にCityに出会いました。

大学時代は旅したり、インターンしている毎日でした。


▶︎一人でネパールに飛び込み、現地の子供達に算数、英語を教えたりしてました。ネパール語なんか一切わからないし、英語も話せないけどなんとかなりました。


そしてCityとの出会いは大学2年の終わり頃。

ソーシャルリクルーティング(現PORT株式会社)というベンチャー企業でインターンしており、そこでの上司鈴木翔太郎さん(高校時代は埼玉県選抜だったらしい)に「サッカーチーム作るんだけど入らない?」っ誘われ、当時ベンチャー企業で意識高い系学生を気取っていた自分にとって刺激になると思い即答でYESしました。

そして初めて集まってボールを蹴った西武園での大会。

鈴木翔太郎はいませんでした。なぜかそれから彼はインドへ旅立ちました。

そして今も彼はチームにいません。


▶初めて集まっていきなり参加した西武園の大会


彼は今だに謎の存在です。

それからはずっとチームの代表である山内さん(#11山内)にお世話になりながら、3年目を迎えました。

サッカー(スポーツ全部に共通すること)の醍醐味は、やっぱり人を繋げるチカラがあることだと思います。

Facebook上での共通の知り合いで「〜って知ってる?」とかよく言われるし、職場でもたまに言われます。「なんで〜と知り合いなの!?」と。

うちのチームメンバーは異常にFacebook上での友達が多く、

どんだけ顔広いんだよって思うメンバー多数です。


「今度蹴ろうよ!」の一言ですぐ集まるし、

一回ボール蹴ればみんなすぐ仲良くなれるので、

どんどん友達の輪が広がっていくのがサッカーの良いところです。

けどこのチームに入って、一番の驚きは小学校の先輩中野太夢君が今年から入団することになったこと!

約10年振りくらいの再会でした。

まさかまた一緒に蹴ることになるとは…。


▶︎小学校のサッカーチームの先輩タム君!


3.仕事&サッカー

最後は、、学生時代と社会人の両方をこのチームで経験していたからこそわかることを2つ書いて終わります。


①素直に「カッコイイ」と思っていること。

②「チームのために」自分ができること。


まずはについて。

冒頭にも書きましたが、チームメンバーの8割が社会人です。

自分は学生時代と社会人生活の両方を経験しているため、すごく切り替えが大変でした。

平日は朝10:00〜19:00まで仕事。

人によっては24:00とかまで働いているメンバーもいます。

自分も仕事柄、終電で帰る日もよくあります。

うちのチームのメンバーはみんなそういった生活リズムの中、週末の試合に備えて各自トレーニンングをしてコンディションを整えています。

19:00に仕事終わらせて、20:00からランニング、フットサル、ジムなど忙しい中、時間コントロールをして、しっかり動く。


▶︎TOKYO CITY F.C. 8割以上が社会人の中、毎日各自トレーニングをこなす。


マジでカッコイイ。

何が言いたいのかっていうと一言。「素直にカッコイイ」。自分にも刺激になるし、もっと仕事もサッカーも頑張ろうって感化させられます。

けど、きっとこう思う人がいるかもしれません、


「自分の好きなことただやってるだけなんだからすごくないし。」

って。


ここからはのことに繋がります。

そうやって一生懸命やってる人たちのことを応援できない人って必ずいるんですよ。自分と比較すると自分が劣るから批判や不満が出てくる。

そういう人ってきっと何かに本気で向き合ってない人だと思います。

いつもなにかあれば言い訳ばかりで、他責思考なんですよね。


正直言うと、三浦監督が就任する前までは自分もそんな感じでした。「試合にはどうせ出れるから、頑張らなくても。」とか。「チームのことはどうせ誰かがやってくれるだろ」とか。

だけど今はメンバーが多くなって、目指すべき目標が明確になり、

チーム内のポジション争いも熾烈化。やるべきことも増えてきて、

もちろん試合に出れない日や、茨城まで行ってもビデオ係の日、

自分の力不足でメンバーにも入れない日もある中で、

「試合に出られないのはなんでだろう?自分が変えられることって…」って考えるようになりました。


答えは出たの?と言われればまだNoです。

たぶんこれからもNoで良いんだと思います。


大事なことは「チームのために力になることを自分で考えて行動すること」。


ピッチ内ではサッカースキルをさらに磨くために平日にカラダを動かす時間を作る。


ピッチ外では荷物の整理を徹底させる。みたいなことでも。


今自分ができることはそれぐらいだけど、試合会場で「荷物綺麗にしようぜ!湧に怒られるぞ!」とか言ってふざけながらもそういうところはちゃんとやるメンバーが大好きです。笑


①、②で結局何が言いたかったのかというと、

このチームに入ったことで、改めて自分と向き合うことができたということです。自分の良いところ、悪いところ、わかっているようで全然わかってなかったことばかりでした。サッカーのプレイだけでなく、人間として直すべきところもたくさんです。


Cityというチームが無ければ、今の思考にはならなかったし、

悔しい気持ち、楽しい気持ち、最高の仲間にも出会えませんでした。

目標に向かって一緒に汗をかけるこのチームメンバー全員に感謝したいです。


あんまり自分のこういった気持ちを言葉で伝えたことがなかったので

恥ずかしいですが、こんな感じで締めたいと思います。


さて、次のブログの指名をします!

1992年生まれの最高の仲間であり、ピッチを切り裂く最強のスルーパスの持ち主「畑間」!


▶︎左から畑間(#63畑間)、あつし(#6江口)、自分(最高の1992年世代)



WRITER:三村湧
コメント
名前

内容